• 「市川房枝」ってどんな人なの?
  • 婦選 アーカイブス
  • アクセス

 

女性と政治センターは、平和で平等な市民主体の社会の実現を目指し、女性が民主的ガバナンスの積極的担い手になるために、女性の政治的エンパワーメントの促進と国内外の連携を支える拠点として活動しています。1962年財団法人認可、2013年4月1日より公益法人認定を受け、「公益財団法人市川房枝記念会女性と政治センター」としてスタートいたしました。詳しく読む

お知らせ

◎コミュニティバザーのお知らせ

11月17日(木)18日(金)、恒例のイイモノ発見!婦選会館のコミュニティバザーを開催します。ただいま品物のご寄贈・ご提供を受付中です。ご協力よろしくお願い申し上げます。詳細はこちら(PDF)

 

◎市川房枝研究の基礎資料“三部作”完成
『市川房枝の言説と活動 年表でたどる人権・平和・政治浄化 1951-1981』が完成しました。A5判・388P・本体2,300円。申込受付中。
『市川房枝の言説と活動 年表で検証する公職追放 1937-1950』(2008年刊)、『市川房枝の言説と活動 年表でたどる婦人参政権運動 1893-1936』(2013年刊)の続刊で、これで市川の詳細な生涯年譜が完成しました。

なお、11月25日に完成記念セミナー・講演会・パーティを開催します。ぜひご参加ください。詳細はこちら(PDF)
2016年末までは特別割引期間とし、予約を受け付け中です。詳細はこちら(PDF)

 

◎女性参政70周年記念事業、4月・6月・11月のイベント終了
昨年から女性参政70周年記念事業に取り組んでいますが、今年4月には「女性は政治を変えられるか」(PDF)、6月18~19日には「18歳からの選挙権―高校生が討論する『主権者になるということ』(PDF)、また11月5~6日には大阪ドーンセンターで、「なんでやねん 70年経ってもまだこれか」を開催しました(PDF)。昨秋秋田で開催の「女性を地方議会へ in 東北」(PDF)に次ぐ企画です。事業資金のための指定寄付も募っています。税制面で優遇措置もありますので、ご協力よろしくお願いいたします。詳細はこちら(PDF)

 

◎新刊『女性参政資料集2015年版 全地方議会女性議員の現状』ができました
4年に一度の当センター調査が資料集にまとまりました。今年6月1日現在の全国女性地方議員数は4,078人。割合は過去最高の12.1%となりましたが、参政権を得て70年たってもこの低さです。都道府県別・議会別・政党別・人口段階別・定数別や当選回数、平均年齢、割合の県内・全国順位、全女性議員氏名リストほか。全国紙・地方紙にも多数取り上げられました。(PDF)

B5判120ページ、本体価格2,000円、送料実費、2015年11月刊行、ISBN978-4-901045-17-9 詳しく読む

 

◎第34回市川房枝女性の政治参画基金助成対象者が決まりました

今年は、井上直子氏(一ツ橋大学院生)に、博士論文調査・執筆のための費用の一部として10万円を贈呈することが決まりました。贈呈式は11月18日、財団維持員のつどい席上。

 

◎「日本の女性参政のあゆみと市川房枝」の写真パネルをご利用ください
土佐の「民権ばあさん」と呼ばれた女性参政権要求の先駆者、楠瀬喜多から始まる女性参政権獲得運動の写真パネルを貸し出しています。1点500円(キャプション含む。税別)・送料実費・期間2週間以内(搬送・設営・撤去などを含む)。ご利用希望の方はお申し込みください。詳細はこちら(PDF)

 

DVD「婦選の話」も貸し出しています。1931(昭和6)年、市川房枝が吹き込んだレコードの音声に資料映像を付けたもので、約7分です。貸出し料3,000円(説明書付・税別)・送料実費・期間1週間以内に返却。ご利用希望の方はお申し込みください。

 

◎戦後70年、市川房枝が新聞各紙に取り上げられました

戦後70年の今夏、日本経済新聞(7/5付)、毎日新聞(8/20付)、朝日新聞(11/16付)で「市川房枝」が大きく取り上げられました。(PDFで読む:日本経済新聞記事毎日新聞記事朝日新聞

 

◎『市川房枝と歩んだ「婦人参政権運動」の人びと』(非売品)ができました
タイトルの通り、男性の協力者を含めて142人の「人びと」に関する情報が財団所蔵の資料や写真からコンパクトにまとめられました。長年写真のデータベース化を進めてきたボランティア小澤武信氏の労作で、巻末には婦選獲得同盟の支部や役員などの資料も収載されています。発行は市川房枝生誕120周年記念事業委員会。非売品ですが、婦選会館内の市川房枝記念展示室、図書室で閲覧していただけます。

 

◎世界女性国会議員比率ランキングによると、日本は衆議院154位、参議院53位です

日本の女性衆議院議員の比率(2015.11.1現在)は世界190カ国中154位、参議院議員は76カ国中53位となりました。列国議会同盟(IPU)の調査をもとにまとめたランキング表を『女性展望』2016年1-2月号に掲載しました(PDF)。

 

◎市川房枝記念展示室へどうぞ!
「『政地』巡礼」のタイトルで婦選会館と展示室を紹介する記事が東京新聞に掲載されました(PDF)。展示室は2012年暮れ、市川房枝生誕120年・没後30年・財団創立50周年記念事業の一環として大改修し、市川の映像や肉声にふれられる大型モニターも設置しました。ぜひご見学ください。詳しく読む

 

◎市川房枝生誕120年記念グッズはいかがですか
トートバッグ(写真)、クリアファイル、ポストカード、市川の顔写真入り切手シートを制作しました(PDF)。A4サイズが入るトートバッグ、クリアファイルバッグ、ポストカードには、市川のメッセージ「No Equality Without Peace, No Peace Without Equality(平和なくして平等なく 平等なくして平和なし)」が入っています。水彩原画:日高みさお提供。送料実費。プレゼントなどにご利用ください。

 

 

 

◎2016韓国スタディツアーの報告書ができました
7月25~30日、「女性の政治参画と韓国社会・人権を学ぶ」をテーマに、女性地方議員ら20名が韓国を訪問。ソウル、天安、光州、小鹿島、釜山と、韓国を縦断し、韓国女性議員との交流などのツアー報告書ができました。ご希望の方は事務局まで。A4判32頁、250円(税込)、送料84円

 

 

 

 

イベント

◎女性展望カフェを開きます
12月15日、ドキュメンタリー映画「日本と原発 4年後」の上映と、監督の河合弘之弁護士のお話しがあります。詳しく読む
 
◎市川房枝政治参画フォーラム2016
 
「2017日本経済と地方財政」をテーマに、2017年1月27-28日に開催します。詳しく読む

 

◎連続講座「日本社会を考える」が始まりました
原則として毎月第2土曜午後、日本社会が直面している様々な課題を学び、話し合います。2015年度の「『戦後70年』を考える」に続く企画で、30分拡大しました。詳しく読む

 

◎2016女性史セミナー、プログラムに一部変更があります 
10月からの全6回でご案内しましたが、講師の都合で1回目は休講となりました。11月~来年3月まで、「女性たちの反核の実践と思想」がテーマです。詳しく読む

 

◎『市川房枝の言説と活動』三部作完成記念イベント

11月25日午前、三部作を編集した市川房枝研究会の最終回を公開セミナーとします。また午後は完成記念講演会、夜は記念パーティを開催します。詳しく読む

 

出版物

◎新刊『ドキュメント地方政治Ⅱ 議会はあなたを待っている

市川房枝政治参画フォーラムでの学びと実践から』のご案内
女性地方議員は現在わずか11%。課題山積の地方議会は女性や若い人の参加を待っています。その後押しをするために、今回は20都道県の46人が、選挙運動をどう乗り越え、どのような議会活動を展開してきたかをレポートします。これから選挙にチャレンジしようとする方必読の書です。

A5判220P、本体価格1,500円。送料実費。ISBN4-978-901045-16-2 (1994年刊の『ドキュメント』の続編)

2016年11-12月号 目次

1

ますます見えにくい女性の問題
女性被害者、女性被疑者の報道を例に
四方由美

2

政策を読み解く⑪
「働き方改革」のゆくえ
長時間労働の是正と同一労働同一賃金
皆川満寿美

6

座談会
2016年を振り返る―自治体の女性行政(男女共同参画行政)の現在
基本法の理念は生きているか   
金子良江/木口京子/藤原房子/船橋邦子/古橋源六郎

13

地方紙リレーエッセー⑭
ネット社会と向き合って
瀬戸有貴子

14

2016韓国スタディツアーレポート

女性の政治参画と韓国社会・人権を学ぶ
クオータ制・戸主制廃止・水曜デモ・韓日女性議員交流ほか

25 女性ニュース
28 2016年女性うごき
32 婦選会館から


※年間6回、奇数月の15日発行、購読料3,800円(税・送料込。バラ売りは定価594円・送料70円)。頁数は28頁(11-12月号、1-2月号は32頁)。購入/購読をご希望の方は申込書(PDF)にご記入の上、FAX 03-5388-4633、もしくはメールfitikawa@trust.ocn.ne.jpにてご送付ください。

時間貸室

時間貸室の空室状況はこちら