• 「市川房枝」ってどんな人なの?
  • 婦選 アーカイブス
  • アクセス

 

女性と政治センターは、平和で平等な市民主体の社会の実現を目指し、女性が民主的ガバナンスの積極的担い手になるために、女性の政治的エンパワーメントの促進と国内外の連携を支える拠点として活動しています。1962年財団法人認可、2013年4月1日より公益法人認定を受け、「公益財団法人市川房枝記念会女性と政治センター」としてスタートいたしました。詳しく読む

お知らせ

◎財団の新体制が発足しました
6月29日開催の定時評議員会で、評議員(10名)・理事(12名)・監事(1名)の選任が可決承認されました。また7月5日の理事会で理事長(山口みつ子)・常務理事(久保公子・菅野則子・日高みさお。50音順)が選出され、これから新体制で財団の運営にあたってまいります。今後ともご協力のほどよろしくお願いいたします。
評議員=上野スズ子、枝松栄、大山七穂、栗林和子、松本惟子、村越まり子、山口美代子(以上再任7名)/篠﨑英代、田中由美子、時井純子(以上新任3名)
理事=五十嵐暁郎、国広陽子、久保公子、黒羽(藤原)房子、進藤久美子、日高みさお、山口みつ子(以上再任7名)/金子幸子、隈部紀生、菅野則子、中山弘子、林寛子(以上新任5名)
監事=金子良江(新任1名)

 

◎第35回市川房枝女性の政治参画基金の助成希望者を公募します

女性の政治参画の推進や選挙と政治の浄化など、女性が意思決定に主体的に関わり、民主的ガバナンスの担い手となるための活動や調査研究などへの助成を行います。詳しく読む

 

◎「選挙運動相談コーナー」を開設しました

「政治を少しでもよくしたい」と、無所属で地方議員の選挙に初挑戦する女性やその支援者の皆さん! 選挙運動の準備で戸惑ったり、困っていることはありませんか。公職選挙法や政治資金規正法などのルールを学び、選挙違反をしない、住民参加型の選挙運動をするための相談コーナ-を始めましたので、お気軽にご相談ください。(PDF

 

◎世界女性国会議員比率ランキング―日本は衆議院(下院)159位、参院(上院)41位

日本の女性国会議員の比率(2016.11.1現在)は、衆議院は世界193カ国中159位、参議院は77カ国中41位。1年前に比べて衆院は5位下がり、参院は12位上がりました。列国議会同盟(IPU)の調査をまとめたもので、ランキング表は『女性展望』2017年1-2月号に掲載しました。 (PDF

 

◎市川房枝研究の基礎資料“三部作”完成
『市川房枝の言説と活動 年表でたどる人権・平和・政治浄化 1951-1981』を刊行しました。A5判・388P・本体2,300円。申込受付中。
『市川房枝の言説と活動 年表で検証する公職追放 1937-1950』(2008年刊)、『市川房枝の言説と活動 年表でたどる婦人参政権運動 1893-1936』(2013年刊)の続刊で、これで市川の詳細な生涯年譜が完成しました。(PDF

 

◎「日本の女性参政のあゆみと市川房枝」の写真パネルをご利用ください
土佐の「民権ばあさん」と呼ばれた女性参政権要求の先駆者、楠瀬喜多から始まる女性参政権獲得運動の写真パネルを貸し出しています。1点500円(キャプション含む。税別)・送料実費・期間2週間以内(搬送・設営・撤去などを含む)。ご利用希望の方はお申し込みください。詳細はこちら(PDF)

 

DVD「婦選の話」も貸し出しています。1931(昭和6)年、市川房枝が吹き込んだレコードの音声に資料映像を付けたもので、約7分です。貸出し料3,000円(説明書付・税別)・送料実費・期間1週間以内に返却。ご利用希望の方はお申し込みください。

 

◎『市川房枝と歩んだ「婦人参政権運動」の人びと』(非売品)ができました
タイトルの通り、男性の協力者を含めて142人の「人びと」に関する情報が財団所蔵の資料や写真からコンパクトにまとめられました。長年写真のデータベース化を進めてきたボランティア小澤武信氏の労作で、巻末には婦選獲得同盟の支部や役員などの資料も収載されています。発行は市川房枝生誕120周年記念事業委員会。非売品ですが、婦選会館内の市川房枝記念展示室、図書室で閲覧していただけます。

 

◎市川房枝記念展示室へどうぞ!
「『政地』巡礼」のタイトルで婦選会館と展示室を紹介する記事が東京新聞に掲載されました(PDF)。展示室は2012年暮れ、市川房枝生誕120年・没後30年・財団創立50周年記念事業の一環として大改修し、市川の映像や肉声にふれられる大型モニターも設置しました。ぜひご見学ください。詳しく読む

 

◎市川房枝生誕120年記念グッズはいかがですか
トートバッグ(写真)、クリアファイル、ポストカード、市川の顔写真入り切手シートを制作しました(PDF)。A4サイズが入るトートバッグ、クリアファイルバッグ、ポストカードには、市川のメッセージ「No Equality Without Peace, No Peace Without Equality(平和なくして平等なく 平等なくして平和なし)」が入っています。水彩原画:日高みさお提供。送料実費。プレゼントなどにご利用ください。

 

 

 

◎2016韓国スタディツアーの報告書ができました
7月25~30日、「女性の政治参画と韓国社会・人権を学ぶ」をテーマに、女性地方議員ら20名が韓国を訪問。ソウル、天安、光州、小鹿島、釜山と、韓国を縦断し、韓国女性議員との交流などのツアー報告書ができました。ご希望の方は事務局まで。A4判32頁、250円(税込)、送料84円

 

 

 

 

イベント

◎2017連続講座「分断進む世界と日本社会を考える」を4月に開講しました
国際社会の最新情報とあわせ日本社会の課題を考えます。全10回。詳しく読む

 

◎女性展望カフェ

9月29日は、日中開戦80年にちなみ「李香蘭に学ぶ昭和史」(ゲスト藤原作弥さん)です。詳しく読む

 

◎脱原発1日セミナー
東京電力福島第一原発事故から6年。8月4日、映画「日本と再生」上映後、現時点の様々な課題を海渡雄一弁護士ほかに語っていただきます。詳しく読む

 

◎ジェンダー平等サロン②

次回は10月10日、「逆風に抗して―夫婦別姓はなぜたたかれるかー」をテーマに、講師は坂本洋子さん(NPO法人mネット・民法改正情報ネットワーク理事長、ジャーナリスト)です。


◎市川房枝政治参画フォーラムを開催します

10月27~28日、「セーフティネットは機能しているか」をテーマに年金や介護者の支援、介護保険、そして居場所のない少女たちの問題を取り上げます。詳しく読む

 

出版物

◎新刊『ドキュメント地方政治Ⅱ 議会はあなたを待っている

市川房枝政治参画フォーラムでの学びと実践から』のご案内
女性地方議員は現在わずか11%。課題山積の地方議会は女性や若い人の参加を待っています。その後押しをするために、今回は20都道県の46人が、選挙運動をどう乗り越え、どのような議会活動を展開してきたかをレポートします。これから選挙にチャレンジしようとする方必読の書です。

A5判220P、本体価格1,500円。送料実費。ISBN4-978-901045-16-2 (1994年刊の『ドキュメント』の続編)

2017年7-8月号 目次

1

ファーストレディ
五十嵐暁郎

2

政策を読み解く⑬
政策が動くとき(2)
―第193国会における関連法案と若年女性の性的被害対策

皆川満寿美

6

地方紙記者リレーエッセー⑯
女性の目で遺訓つなぐ
金野訓子

7

共謀罪と治安維持法、治安体制と女性
早川紀代

10

戦災報告書―「沖縄戦」の被害記述なし
仲村未央

12

韓国の市民社会が大きく動いた!
パク・クネ大統領弾劾とムン・ジェイン政権発足

李芝英

15

フランス大統領選挙と女性有権者の選択
三井美奈

18

地方議会の選挙制度を考える
女性議員を増やすために有効な方法とは?
大山礼子

21

女性地方議員12.5%

24

女性ニュース

27 新刊紹介
28 婦選会館から


※年間6回、奇数月の15日発行、購読料3,800円(税・送料込。バラ売りは定価594円・送料70円)。頁数は28頁(11-12月号、1-2月号は32頁)。購入/購読をご希望の方は申込書(PDF)にご記入の上、FAX 03-5388-4633、もしくはメールfitikawa@trust.ocn.ne.jpにてご送付ください。

時間貸室

時間貸室の空室状況はこちら